審査基準

 

ステップアップ部門 及び コンペティション部門

◆応募規定に違反していないこと。 ◆彫刻技術、彩色技術がすぐれていること。

◆形態的、解剖学的根拠に基づいたサイズ・形であること。

◆鳥のみならず、鳥に付随するすべての構成要素(生息環境などの装飾をほどこした台等)についても正確であること。

*但し、その鳥らしさを逸脱しない限り、作者の創作・イメージを認めます。

◆作品全体の構成、デザインが優れていること。

 

ウッドスカルプチュア部門

◆応募規定に違反していないこと。 ◆技術がすぐれていること。 ◆芸術性、独創性があり、鳥の本質を捉えていること 

 

審査員

・叶内 拓哉(野鳥写真家)

・川上 和人(森林総合研究所 鳥類学者)

・鈴木 勉(バードカーヴァー)

・長島 充(版画家)
・松村 しのぶ((株)海洋堂 動物造形作家)

・松本 浩(バードカーヴァー)